FC2ブログ
2代目コギ子ねねと私ののほほん日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by .tobari
 
[スポンサー広告
祭りだわっしょい!


ごみだらけ


10月10日は昔から地元の秋祭りの日!

市全域で各地域の神社の祭りで五穀豊穣を願い感謝致します^^

私の住んでる地域は小さい区が7つに分かれていて、
大人の担ぐ大屋台と子どもが担ぐ小屋台が各区から出ます。
で、午前中に屋台をかついで区を廻ります。

小学生は屋台についてお花(集金)を集め、中学生は重い屋台を頑張って担いでます。

私の娘が子どもの頃は子ども会の世話役を3年間したので
一緒に廻ってえらい疲れました。

私の子どもの頃と比べると、子どもがどんどん少なくなっていて淋しいですが
それでも祭りはずーっと続けてほしいですね^^


私は仕事で午前中は市内の2町を廻ってました。

で、この辺では有名な金刀比羅神社(こんぴらさん)のお神輿が
50年振りに担がれるってことで見てきました!

50年ぶり

担ぎ手不足で、ずっと曳いていたそうです・・・

写真は神社をから出て巡幸するところです

この前にも巡幸の列が続いてます。





このあと違う町へ向かい太刀振りをみたり、曳き神輿をみたりしつつ
仕事を終えて一旦自宅にもどり、地元の祭りへ・・・





地元の各区の屋台は、午後1時頃から決まった場所に集まってきます。


そしてその場所で喧嘩屋台と呼ばれる屋台同士のゆすりあいが始まります。

一つの地区はえらい遠いので来られませんが、他の地区は大体やってきます。



中心は大屋台ですが、小屋台が来ると軽くゆすりあいをしてます。

子どもなので危険がないようにゆすりあいをしてるけど、中で太鼓をたたいてる子は
屋台が斜めになっても頑張って太鼓を叩き続けなくてはいけないし、
担いでる子たちは昼の休憩を少し挟むぐらいで
ずーっと担いでるので半端なくしんどいです


まあそれは大人も同じで、凄くハードです。
しかも朝から振舞われたお酒をのんで酔ってる人も結構います^^


喧嘩屋台2


地元を出て、都会で暮らしていても祭りには帰ってきて
屋台を担ぐのを楽しみにしてる男性も多いです。


喧嘩屋台1


私の下手な写真では上手く伝わりませんねー


子どもの頃からこの祭りを見て、感じて育ったこの地区の皆は
大人になっても祭り大好き!です。


なんで喧嘩屋台なのかは知りません。

理由はあると思うけど改めて聞くことないので

他地域から来た人はどうなんだろ?
男性は血が騒ぐと思うんだけど・・・


女性も好きだと思う。
っていうか私は大好き!
わくわくするし、やっぱり血が騒ぐけど・・・


んー、他地域から嫁いできた人はどうでしょう?
好きも嫌いも祭りなんだからしょうがないって感じ?かな


祭りはハレの日だから、神さんに感謝して大騒ぎする!

私は粛々と行われる祭事に神輿巡幸も好きだけど
こんな風な賑やかで騒がしい祭りが大好きです。


これを見て



まあ絶対に怪我人が出るし昔は亡くなる人もあったり、酔ってるから喧嘩も多い。


屋台の柱に挟まったり頭打ったり、ほんま気をつけないと危険なんですよね。


屋台をおろしてぶつけ合ったりとかして怖すぎなのに見物の人とかめっちゃ集まってるし。


担いでる人はもちろん見てる方も近くだと結構危険で
屋台が近づいてくるとザザーと移動します


今年も救急車がきましたよ・・・


でも祭りは辞めないです。
祭りだから・・・





私の地元祭り愛を熱く語ってしまいましたが、
結局この日は仕事の為に途中で去りました・・・
面白いとこだったのに!


喧嘩屋台の他、保育所の年長さんのお稚児さん行列や
ギャル神輿なんかも出て楽しかったです^^




その後の仕事では、また他地域の祭りを見れました。

子ども達の郷土芸能をみたり、久しぶりの友人に出会って話をしたりと、
仕事をほって楽しみました  ←あかんやん






ねねさんはいい子で留守番してたようです。

夕方の散歩はいつものコースでのんびり^^

夕方は










ランキングに参加してみました。
ポチっとしてくれると嬉しいです^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村



ご訪問頂きありがとうございます^^
スポンサーサイト
Posted by .tobari
comment:0  
[徒然]  thema:雑記 - genre:日記
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。